扱える人が限られている脱毛機がある

エステシャンや看護師が扱うことになるのが脱毛機ですが、すべての人が共通して扱えるわけではないことも知っておきましょう。

サロンになるとエステシャンが扱うことになりますが、特別な資格は必要ないことが多いです。社内の講習を受けて、施術を行うことになりますので、特別な知識がなくても施術を行うことができます。



一方エステシャンのように講習を受けるだけでは、取り扱うことができない脱毛機もあります。



それこそがクリニックにある機器です。

これは厚生労働省が認可したクリニックでしか導入をすることができませんので、扱える人は医療従事者になります。

だからといって医師ではありません。

主に看護師が医師の指導のもとで行うようになっています。
このように脱毛機によって扱える人とそうではない人がいることも知ってください。

そこで疑問に感じるのは、サロンとクリニックどちらが優れているのかという問題になるでしょう。

その答えは利用者それぞれに委ねられるべきです。料金が安くお手頃に施術を受けることができるのがサロンのメリットになりますし、クリニックはなにより安心した環境下で施術を受けることができます。



このような違いが存在していますので、どちらが優れているのかを第三者が判断することはできません。

判断するべきなのは、利用する側になりますので十分サロンとクリニックの違いを理解して選ぶようにしましょう。

その選択肢として脱毛機があることを忘れてはいけません。