進化していった脱毛機

以前に比べると確実に進化していったのが脱毛機になります。
最初は電気を帯びた針を毛穴に直接差し込み、毛乳頭を破壊する脱毛が用いられていました。直接攻撃をすることになりますので、大きな効果をえていましたが、なによりも痛みが強いのが問題であまり好まれる施術方法ではなかった過去があります。
その次に出てきたのが、いま主流になっている光によって毛乳頭を破壊する脱毛機です。
主にサロンではフラッシュ脱毛、クリニックになるとレーザー脱毛と呼ばれることが多くなっています。



その違いは出力になり、それによって施術期間を調節することが可能です。



サロンは処理が必要になくなるまで20回ほど通う必要が出てきますが、クリニックになると最高でも6回ほどになりますので、脱毛機の威力に違いがあるのは明らかにわかるでしょう。


このような違いが存在していることを理解して、サロンとクリニックを選ぶことも大切です。

また進化はそれだけではありません。

さらに画期的な進化を遂げることになったのも脱毛機です。

いままでは毛周期に合わせた施術が必要でしたが、いまでは関係なしに施術ができるようになっています。
毛周期は個人差があり最高で2か月ほど待って施術を受けないといけないことが多かったですが、毛周期に合わせる必要がありませんので、肌ダメージへ配慮しながらの施術が可能になっています。
このように画期的な進化を遂げていることにも関心を持つことによって施術も有意義に受けることができるでしょう。