3種類の脱毛器の特徴

脱毛と一言で言っても専門機関で使用される脱毛器には様々な種類がありますので、ここでは主流として使われている3種類の脱毛器についてお伝えをしていきます。

まず最も一般的に広く使用されているのがフラッシュ脱毛と呼ばれる脱毛器ですが、これは黒色に反応するように光の波長を調節したもので、毛を毛根から焼いていくことができますが比較的弱い出力を照射する為、肌へのダメージが少なく反対に脱毛効果も低い特徴があります。



フラッシュ脱毛は出力が弱いので資格がなくても取り扱うことができて家庭用の脱毛器としても活用されていますが、それと同じ原理を利用して脱毛を行うのがレーザー脱毛と呼ばれる脱毛器になります。



こちらも黒色に反応するように光の波長を調節したものですが、フラッシュ脱毛との違いは出力の高さです。
フラッシュ脱毛よりも高い出力を使用するので、肌へのダメージは大きくなりますがその分脱毛効果が高い特徴があります。

ただし取り扱いには医師の資格が必要になります。



最後に上記の2つとは異なる方法で脱毛を行うのが電機脱毛と呼ばれる方法で、これは専用の細い針を毛穴一つひとつに刺していき、そこに電気を流すことで毛根を焼いていくのですが、毛根に直接アプローチをすることができますので、最も脱毛効果が高く永久脱毛を希望する方が多く利用する脱毛方法となります。

ただし費用も高く時間もかかるので手間のかかる方法となっています。

このように3種類の脱毛には異なる特徴がありますし、行われている専門機関も異なりますので自分がどの脱毛を行いたいのよく考えてから施術を受けるようにしてください。