家庭用脱毛器を使用する時の注意点

家庭用脱毛器を使う時は、事前に脱毛したい部分の毛を剃っておく必要があります。

しかし、毛を剃ると少なからず肌にダメージを与えてしまいます。



肌にダメージが残ったまま家庭用脱毛器を使用してしまうと、肌荒れや火傷などのトラブルが起きてしまうので注意が必要です。

事前にムダ毛処理をする場合は、出来るだけ肌にダメージを与えない電気シェーバーの使用が最適です。



カミソリで剃る場合は直前に処理するのではなく、前日までに処理するのが好ましいです。
1ミリくらい毛が伸びた状態が理想なので、3日前に処理しても問題はありません。家庭用脱毛器の光を照射すると、パチンという痛みや熱さを感じます。
照射するレベルを高くすれば脱毛効果も高くなりますが、その分痛みも増します。

また、火傷などのトラブルが起きる可能性も高くなります。軽い痛みを感じる程度で、苦も無く続けられるレベルが最適です。



最適な出力レベルは、脱毛する部位によって異なります。
足や腕は多少高いレベルでも痛みに耐えることができますが、ワキやデリケートゾーンなどは同じレベルでやると痛みを強く感じる場合が多いです。


ワキやデリケートゾーンを脱毛する時は、出力を下げる必要があります。

脱毛効果が現れてくると痛みも和らいでくるので、その時が照射レベルを上げるタイミングです。
家庭用脱毛器を使用した後は必ず冷却することが大切です。

肌の炎症を鎮める効果があるからです。

炎症を起こすと肌に赤みが出たり、色素沈着を起こす可能性があるので、しっかり肌を冷やすことが重要です。


●必見:脱毛サロンが最近こちらで話題になりました。